2015年04月23日

太陽光発電のいわゆる「過積載」について最適な過積載率は?(2)

---

ブログ記事は近々、主に独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )でのみ更新することといたします。ブックマークをされる場合には独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )をお願いいたします。

---

太陽光発電のいわゆる「過積載」について最適な過積載率は?(1)の続きの記事です。

5月までのデータの中で一番いいデータを探したいところでしたが、諸般の事情により早くある程度はまとめたかったので、4月で発電量のよかった4月2日のデータを使ってみることにしました。

なお、運転開始後の日々の発電量の比較グラフをパワコンで確認したところ、この4月2日は、昨年5月末からこれまでで一番発電量が多かった日のようですので、無意味なデータではないかなと思います。

---

1) 分析の対象としたデータ点数は 270万点 (12.5時間×3,600秒/時間×0.5点/1秒×120枚) でした。

2) 各パネルの発電電力(直流)の最高値の、120枚の平均値は 280.4 W (310 Wに対して90.5%)でした。86.0%以上の発電をしている時間が1時間、85.0%以上の発電をしている時間が2時間、80.8%以上の発電をしている時間が3時間、72.6%以上の発電をしている時間が4時間、66.3%以上の発電をしている時間が5時間でした。

3) パワコンの変換効率94%、その他のロス(ケーブルによる抵抗損失を想定)を3%として試算したところ、パワコン容量に対してパネル容量を120%以内とすれば、パワコンの容量によって発電がカットされることはありませんでした。

4) 120%→130%にしたところ、発電量は120%→129.49%となり、このあたりで頭打ちが生じ始めます。130%→140%→150%→160%→170%→180%→190%→200%とすると発電量は129.49%→135.97%→141.66%→146.24%→150.18%→153.50%→156.79%→159.13%と増えてはいきます。

5) パネル・架台等のコスト(関連する資機材や工事費を含む)を全体コストの60%とした場合、パネル容量を+10%することは全体コストを+6%することになりますから、発電量もできれば+6%はほしいところです。この場合には150%くらいまでがコスパ的は受け入れ可能ではないかと思われます。これを超えると「コストをかけたほどは発電量は増えない」な感じです。ただし、これはあくまでも4月のこの日(晴天時)「のみ」を想定した場合です。

6) 上記の4月の晴天日のデータからは「最適な「過積載」率は150%くらい」と言える気がいたします。(前回の記事では2月の晴天日のデータでは160%くらいでした。) なお、曇の時間帯など日射量が少ない時間には過積載はした分だけの効果が期待できる余地がより大きくなりますから、このあたりを総合的に考えると、年間の総発電量の最大化を意図するのであれば、160%超えもあってもよいのではと思います。

7) 繰り返しになりますが、適切な「過積載」率は、「土地等設置スペースの有無」「パネル・パワコンの仕様」「パネルのみを増やすことによって生じるコスト(パネル・架台・据付工事等)の全体コストに対して占める割合」「コストに対応できる資金の有無(自己資金や借入が可否)」「設置場所の環境条件」「資金を全力で投入するか、次の資金として手元に残しておくか」などに左右されます。

---

 以下、つぶやきです。

●某有名なL社様の72kWとか76kWとか81kWとかの商品設定は鋭いところを突いてこられますね。(見積もりとか相談ばとかたまにお客様紹介程度ばっかりですみません。>某L社様)

●「頭打ちなんてヤダ、もったいない」という方なら1.3倍くらい、「年間総発電量重視」なら1.7倍くらいまでなら十分あり(晴天・昼間以外=朝夕や曇天時の発電量の引き上げを期待=ただし発電量の絶対量は大きくはないのでそれを引き上げても効果はほどほどではありますが)、そんな感じでしょうか。ただし、パワコンの入力・電圧の範囲内であることが大前提ではあります。

●「場所をたくさん確保できる方」「分散して発電設備を設置できる方・管理ができる方」以外は、「見つけた土地・連系「枠」でいかに多く発電するか」が重要になってきましから、いわゆる「過積載」は大きなソリューション(笑)であります。

●今後とも、TIGO Energy から得られるデータをもとに、各種ネタ?を提供していきたいと思います。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
どこの「分譲屋さんが信用できるか」というお問い合わせをいただくことが多々ありますが、そのようなお問い合わせには回答を差し控えさせていただきます(返信もいたしません)ことをご了承ください。「事業」ですので、みなさまご自身の責任で「取引先」「投資先」をご検討・ご選定ください。【土地(名義の確認)】【設備認定(いつ取っているか)】【電力受給契約(いつ申込・契約されているか】【連系費用はいくらなのか】を、確実な方法でご確認されることをおすすめします。時には「買わない」というのも選択肢です。また、お値段の比較検討の際には、【フェンス】【防草対策】【発電量の遠隔監視システム】【土地代】が含まれているか否か、また、【管理費が不当に高くないか】などもよくご注意ください。(特定の業者さんを危ないといえば業務妨害になりかねませんし、実は危なくなかったりするとお問い合わせをいだいた方に機会損失を生じさせたことにもなりかねませんのでこれ以上はご容赦ください。)

■■お知らせ (3)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。えっ、証券外務員(二種外務員)? 合格しただけでは使える資格ではないのです。

■■お知らせ (4)
当ブログの次回の「情報交換会」は5月8日(金曜日)です。金曜日ですので2時間で「出力抑制」の可能性もありますが、久しぶりの金曜日開催ですので、ふるってご参加ください。(当ブログをご愛顧いただいているみなさまとの「情報交換会」であり、特定の分譲物件の「お客様懇親会」のたぐいではありませんことをご承知おきください。)

■■お知らせ (5)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (6)
当ブログ主もご紹介をさせていただく手前、現地まで見学に行って来ました岩手県奥州市の分譲物件(36円物件・合計4区画)の情報は低圧(50kW未満)太陽光発電施設分譲物件のご紹介(36円物件・岩手県奥州市・計4区画)をご覧ください。(なお、現在、残り3区画になっているとのことです。)

■■お知らせ (7)
弊社のロクテックあびこ発電所(通称「ねぎソーラー」)(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、4/22 182 kWh でした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 01:30| Comment(2) | 50kW未満太陽光発電所計画
この記事へのコメント
詳細な計算ありがとうございます。私も自宅のピークカットを1分単位で計算してみました。6月のデータですが晴れの日は全く同じ感じです。しかし晴れの日ばかりではないので、月全体で見ると過積載率160パーセント付近までブログでおっしゃられている発電量6パーセント増加は見られます。よって160%過積載も十分Okでしょう。
Posted by 一枚岩 at 2015年08月23日 22:54
コメントありがとうございます。
新しいブログへ移行作業中のため返信が遅れて申し訳ございません。

「晴れの日ばかりではないので」について全く同意であります。年間総発電量の観点からは170や180くらいでも十分ありえるのかなと思っています。もうすぐ TIGO Energy 設置から1周年なので、一度ちょっと計算をしてみようと思います。
Posted by りょん@fppv at 2015年09月28日 03:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: