2014年10月26日

「日本をもっと、考える。」的な、「エネルギー問題を考える」

「日本をもっと、考える。」の WEDGE Infinity(ウェッジインフィニティ)で、再生可能エネルギー関係の記事が連続して出ています。

「WEDGEといえば、JR東海の新幹線のグリーン車のアレ」「JR東海といえばあっち側」とこのブログ記事の1行目でお気づきのお忙しい「新幹線でエゴ出張」なビジネスエグゼクティブ()な方も少なくないとは思いますが、「?」な方は以下をご参考になさってください。

【WEDGE Infinity(ウェッジインフィニティ)とは
東海道・山陽新幹線のグリーン車搭載の雑誌、「WEDGE」と「ひととき」を発行するウェッジ社が運営するウェブマガジンです。国内外の気になるニュースの「深層」を、気鋭の研究者やジャーナリストが、タイムリーに分析・解説していきます。】( http://wedge.ismedia.jp/category/infoinfinity )

「深層」を「気鋭の研究者やジャーナリスト」が「タイムリー」に「分析・解説」してくださるそうですから見逃せません。「ウェッジ」「電中研」「JR東海系」ですから、当然「予想通りの展開」なわけですが、事実な部分は事実として、「こちら側」でなない視点の記事を読んでおくことは、いろいろな意味で味わい深いのではと思います。

一番いけないのは「公正中立」などと口先では言いながらいつも、金と権力の都合のいいほうにふらふらと傾いてなんでも書くありがちなマスゴミであり、「うちはこういう主張ですから」と清々しく表明をしてくれるところというのは、読んでいても腹が立ちませんし、かえって冷静に記事を読めるものです。「報知の巨人推し」「デイリーはしっぽまで阪神推し」「日付とテレビ欄以外は全部アレな東スポ」をそうと理解して読んでいる人で怒っている人というのはそういないと思います。

エネルギー問題を考える
固定価格買取制度は最初から破綻が見えていた
2014年10月21日(Tue)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4330

エネルギー問題を考える
なぜ再エネは接続保留に至ったのか
2014年10月21日(Tue)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4339

World Energy Watch
再生可能エネルギーの接続保留問題 高収益保証が招いた投資バブル FITが失敗する理由
2014年10月22日(Wed)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4347

エネルギー問題を考える
再生可能エネルギー接続保留は誰のせい? 国会の責任を問う
2014年10月22日(Wed)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4348


■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
11月15日(土曜日)の「太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会」の後に、当ブログの「情報交換会」番外編を開催いたします。番外編ですので、いつものような「時間は2時間でお願いされたけど、気がついたら4時間だった」といったことはないかと思いますが、ご都合がつきましたらぜひご参加ください。詳しくは太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会のお知らせ (1)をご覧ください。(お申し込みは同ページ記載のご参加フォームからお願いいたします。)

■■お知らせ (4)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 01:00| Comment(0) | ニュース・情報源
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: