2015年02月28日

9回目の売電収入なう(2015/02/25検針)

---

27年2月分(1月26日〜2月24日)
検針月日2月25日(30日間)
購入電力量3,370 kWh
購入予定金額131,025円
支払予定日3月17日
次回検針予定日3月25日

前回と比較して、発電量はほぼ同じですが日数が1割ほど少なかった(30/33)ので、1日あたりの発電量は1割アップという感じでしょうか。なお、Tigo Energy での同じ期間の発電量(各パネルによる発電量の単純合計)は 3.72 MWh (3,719 kWh)となっていました。

【過去の発電量】
27年 2月分( 1月26日〜 2月24日)(30日間) 購入電力量3,370 kWh
27年 1月分(12月24日〜 1月25日)(33日間) 購入電力量3,326 kWh
26年12月分(11月26日〜12月23日)(28日間) 購入電力量2,410 kWh
26年11月分(10月27日〜11月25日)(30日間) 購入電力量2,708 kWh
26年10月分( 9月26日〜10月26日)(31日間) 購入電力量3,288 kWh
26年 9月分( 8月27日〜 9月25日)(30日間) 購入電力量2,933 kWh
26年 8月分( 7月28日〜 8月26日)(30日間) 購入電力量4,094 kWh
26年 7月分( 6月25日〜 7月27日)(33日間) 購入電力量4,172 kWh
26年 6月分( 5月29日〜 6月24日)(27日間) 購入電力量3,606 kWh
※弊社の「ねぎソーラー」の容量は29.7 kW(パワコン容量)(パネルは合計で37.2 kW)です。いわゆる「50 kW」よりも小さいので、このデータを何かと比較される際にはご注意ください。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの次回の「情報交換会」は3月中旬か下旬の予定です。昨年は全くなかった「出力抑制」が今年に入って2回連続かかってしまいました。今年3回目は抑制回避の方策を考えねばと日時等を検討中です。ご意見・ご要望は結構「言ったもの勝ち」ですのでお気軽にお寄せください。

■■お知らせ (3)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (4)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。

■■お知らせ (5)
「ねぎソーラー」(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、2/26 14 kWh、2/27 168 kWh、2/28 197 kWhでした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:45| Comment(0) | 運転記録(ねぎソーラー)

2015年02月26日

期待できる風が吹いてきた、某L社の風力発電キット

---

 今更某でもなんでもない、かの有名な某L社さんが3kWの風力発電のキットを発売された今日このごろです。

 マンションでいうところの「マンションポエム」(発電キットポエム?といえばいいのか?)は、『未来へ向けて、期待できる風が吹いてきた。』だそうで、あの某L社様が期待できる風というのですから、将来展開も期待したいところであります。

 MY発電所キット(R)小形風力型
 http://looop.co.jp/product/wind_type/

 3 kWで230万円(消費税・配送費・工事費別)だそうです。

 昼でも夜でも発電できるなら、 3 kWが230万円って、太陽光よりお得じゃね?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、定格風速は11 m/s とのこと。コンスタントに風速11メートルの風が吹く場所でなければ、トラのバターの皮算用であります。コンスタントに風速11メートルという場所はなかなかないので、当然、発電量は割り引いて計算をしなければなりません。

 近隣の環境影響を気にしなくてもよい、コンスタントに風の強い土地をお持ちの方なら、個人でも(というか、低圧の太陽光発電を検討される方なら)手が届く金額でもありますので、チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 弊社もそのような土地と資本があれば、3本ほどやってみたいところではあります。ちょっととある方面の取引先をそそのかしてみようかと考えてみたりもします。

 そのうち、「風力発電ムラ」ができて、「何本建てた」などという話題で盛り上がるご時世がやってくるのかもしれません。北のほうの海の近くか、山のほう限定かもしれませんが・・・。

 今日(2/26)の午後は、東京ビッグサイトにその実物を見に行ってみようと思います。

 いちおう?本来の目的は太陽光絡みなので、特に買取価格20円台突入を意識したブツがどのようなものがあるのかを期待して行きたいと思っております。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの次回の「情報交換会」は3月中旬か下旬の予定です。昨年は全くなかった「出力抑制」が今年に入って2回連続かかってしまいました。今年3回目は抑制回避の方策を考えねばと日時等を検討中です。

■■お知らせ (3)
「太陽光発電ムラ」様の懇親会「しげる会」、次回の東京開催は東京ビッグサイトでの展示会 "PV EXPO" の最終日の2月27日(金曜日)とのことです。当ブログ主も隅のほうで「ちんまり」と参加させていただくつもりです。ご用の方はお気軽にお声掛けください(?) 先にメールでお知らせいただけるといいかもしれません。

■■お知らせ (4)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (5)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。

■■お知らせ (6)
「ねぎソーラー」(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、2/25 97 kWh でした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 00:50| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画

2015年02月25日

平成27年度は29円(6月まで)・27円(7月から)のようですよ

---

 詳しくはこちらをご覧ください。

調達価格等算定委員会(第19回)‐配布資料
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/019_haifu.html

 来年度の10kW以上の太陽光の買取価格は29円(6月までの接続契約分)・27円(7月からの接続契約分)という委員長案だそうですよ。

【太陽光(10kW以上)】
・6月まで: 29円/kWh
・7月から: 27円/kWh

【太陽光(10kW未満)】
・出力制御対応機器設置なし: 33円/kWh
・出力制御対応機器設置あり: 35円/kWh

 もう退場するという方、おつかれさまでした。まだがんばるぞという方、がんばりましょう。(弊社もがんばる組に入れていただければと思っております。)

---

 ご興味のある方はこちらも味わいましょう。

資料3 平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見(案)(PDF形式:1,795KB)
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/019_03_00.pdf

(2ページ)
【附則第 7 条は「3 年間を限り」と明記しており、法律の適正な執行の観点から、本年 7 月 1 日以降は、同条において上乗せされた 1〜2%分については、廃止することとする。 】
→律儀にぴたりと(数字の上では)3年なわけですね。(正確には、2012年7月から2015年3月までの「(電力会社への)接続契約申込分」と、2015年6月までの「接続契約分」ですので、3年分の「接続契約申込分」というわけではありませんが。)

(7ページ)
【設備利用率が、10kW 以上全体では、昨年度の 13.0%から 14.0%に上昇していることが確認された(うち 1,000kW 以上では、昨年度の 13.6%から 15.0%に上昇)。その背景としては、パネルの設置容量や設置角度、設置方位を十分に計算するなど、事業を効率的に実施する案件が増えたことが考えられ、中でもパネルの設置容量をパワーコンディショナーの容量よりも大きくすることで、設備利用率を上げるケースが常態化しつつあることが見てとれることから、平成 27 年度の調達価格の算定に当たっては、14%を想定値として採用することとした。】
→「パネルの設置容量や設置角度、設置方位を十分に計算するなど、事業を効率的に実施する案件が増えたことが考えられ」って十分に計算しない案件が結構あったのでしょうか。「中でもパネルの設置容量をパワーコンディショナーの容量よりも大きくすることで、設備利用率を上げるケース」が調達価格算定でも前提になったわけで、これは極めなければなりません(?)。

(12ページ)
【小規模な発電設備を設置する事業者は、大規模事業者と比べて、@パネルとパワーコンディショナーの容量の比率を最適化する等の情報量の違いがあるといった事情もあることや、A出力制御対応機器の設置費用が比較的高いといった事情もあると推定されることから、ノウハウ・スキルの標準化など調達価格以外での対応を含め、小規模な発電設備を設置する事業者の円滑な事業展開について、引き続き政府は配慮すべきである。 】
→「小規模な発電設備を設置する事業者は、大規模事業者と比べて、@パネルとパワーコンディショナーの容量の比率を最適化する等の情報量の違いがある」・・・のですか? ホントですか? 「ノウハウ・スキルの標準化」はなんとなくAMKDRの利権にもなりそうな予感です。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの次回の「情報交換会」は3月中旬か下旬の予定です。昨年は全くなかった「出力抑制」が今年に入って2回連続かかってしまいました。今年3回目は抑制回避の方策を考えねばと日時等を検討中です。

■■お知らせ (3)
「太陽光発電ムラ」様の懇親会「しげる会」、次回の東京開催は東京ビッグサイトでの展示会 "PV EXPO" の最終日の2月27日(金曜日)とのことです。当ブログ主も隅のほうで「ちんまり」と参加させていただくつもりです。ご用の方はお気軽にお声掛けください(?) 先にメールでお知らせいただけるといいかもしれません。

■■お知らせ (4)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (5)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。

■■お知らせ (6)
「ねぎソーラー」(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、2/19 175 kWh、2/20 116 kWh、2/21 171 kWh、2/22 36 kWh、2/23 74 kWh、2/24 75 kWhでした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 06:55| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画

2015年02月18日

最近のおすすめ記事・2月も半分がもう終わりましたデスで5点盛り

---

この記事には外部のサイトへのリンクがありますので、独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )からご覧いただくと便利です。

---

太陽光発電所の運用開始後に売電量を増やす、ニプロンのPVマキシマイザーの魅力とは
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1502/18/news003.html

設備認定という「枠」を余すところなく活用する製品・サービスや、稼働済みの発電所をターゲットにした製品・サービスはますます増えそうですね。

---

再生可能エネ、原子力上回る=20年代初めに−英BP見通し
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015021800165

世界の流れが必ずしも絶対に正しいとは限りませんが、日本の今のあべぴょんの「流れ」はちょっとどうかと思います。

---

太陽光パネルの反射光害、受忍限度の範囲は?
2015/02/17
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20150217/435703/

太陽電池モジュールによる反射光の問題です。近隣に住宅等がある場合には念頭においておくべき問題です。

---

太陽光発電・風力発電の大量導入による固定価格買取制度(FIT)の賦課金見通し
http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/discussion/14009.html
http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/discussion/download/14009dp.pdf

件名だけでどなたが書いて、どのような内容なのかがわかってしまう今日このごろであります。「儲け過ぎ」な再生可能エネルギーによる売電事業は将来世代のためによくありませんが、原子力発電のコストも同様に評価をして、将来世代に後ろ指をさされないような未来を作りたいものです。

---

設置場所の拡大を実現した太陽光発電システム用屋外単相パワーコンディショナ
「KP□Mシリーズ」の重塩害対応タイプ発売について
http://www.omron.co.jp/press/2015/02/c0217.html

おなじみの単相パワコンの重塩害対応バージョンです。重塩害地域に設置したいという声は少なくないようです。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの次回の「情報交換会」は3月中旬か下旬の予定です。昨年は全くなかった「出力抑制」が今年に入って2回連続かかってしまいました。今年3回目は抑制回避の方策を考えねばと日時等を検討中です。

■■お知らせ (3)
「太陽光発電ムラ」様の懇親会「しげる会」、次回の東京開催は東京ビッグサイトでの展示会 "PV EXPO" の最終日の2月27日(金曜日)とのことです。当ブログ主も隅のほうで「ちんまり」と参加させていただこうと考えております。ご用の方はお気軽にお声掛けください(?)

■■お知らせ (4)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (5)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。

■■お知らせ (6)
「ねぎソーラー」(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、2/12 163 kWh、2/13 178 kWh、2/14 194 kWh、2/15 181 kWh、2/16 175 kWh、2/17 30 kWh、2/18 17 kWhでした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:40| Comment(0) | ニュース・情報源

2015年02月11日

ひっそりと「プロジェクト」のようなものを2つほどお知らせです。

---

 「太陽光発電ムラ」では一応「古参メンバー」扱いにしていただいたり(※「コアメンバー」ではないかというお尋ねもいただいたことはありますがそれはちがうような気がします)、こうやってブログで偉そうなことを書いたりしている今日このごろです。

 が、その割には、いろいろな事情により、

 ・持っているのは1区画、しかも約50kWよりも小さいもののみ(36円)
 ・政策金融公庫からも銀行からもまだ借りていない
 ・信販会社からもまだ借りてない
 ・32円ではまったく動きをしていない
 ・26円になってやると言い出してみたりする

という不思議な状況になっております。

 いろいろな事情とか国際情勢とかにも振り回される弊社ならでは状況下のもと、「とりあえずまず1区画・目指せ3区画・でもできるならもう少し」を実現するべく、ここらへんで気合いを入れなおすことにしました。

 現在売り出し中の36円・32円の分譲物件や土地の情報、や、26円(仮)の場合の某L社のキットを使用した場合の事業性の検討比較などいろいろとヤってみた結果、こんな結論になりました。

 ・いわゆる利回りのみでなく、連系費用・フェンス・防草シート・遠隔監視システムなども考慮して比較検討する必要がある。
 ・表向きの「利回り」は高くても、「利回り」定義は「俺様基準」だったりする(分母=初期投資額に何を含むか & 分子=想定売電収入はどのように計算するか)ので、あてにはならない。
 ・36円のやたらと強気な分譲物件を買うくらいなら、市場が冷めてから26円(仮)でも某L社のキットのほうがいいんでないかい?
 ・そうはいっても36円・32円物件の中にも、それなりにリーズナブルなものもあるので、きちんと自分でシミュレーションはしないといけない。
 ・「太陽光発電ムラ」が関係している物件はなかなかうまい値付けですねと唸らざるをえない今日このごろ。
 ・約20物件(36/32/26円とも含む)を弊社基準で「A) いいかも」「B) 数字はもう少しだけども条件次第では」「C) これは無理」で分けると 7物件:8物件:5物件。某L社のキットを使った26円前提の計算は B) に入り、予想通りではありますが将来の検討候補として残りました。最低評価の物件はとある36円の分譲物件でした。
 ・A)の中でさらに自分なりの基準で、まず真っ先にどれに取り組むかを決めようと思います。
 ・A)の残りとB)の中で、中期的な計画として何をするかを決めようと思います。

 ということで、弊社のための「プロジェクト」のようなものでもあるのですが、開始して見ることにしました。ご興味・ご関心のある方は、ご興味・ご関心の内容を具体的に添えてお知らせください。

---

 (1) コバンザメプロジェクト

 すでに太陽光発電施設をお持ち・計画中で、計画の土地に中途半端に余っている土地があるので貸してあげるよという方がいらっしゃればお知らせをいただければと思います。相場その他合理的なお値段でお借りすることを考えております。

 お隣に太陽光発電事業をされている方がいらっしゃれば当方としても安心ですし、弊社のような弱小零細な技術系企業が発電施設をちまちまと増やしていくには、こじんまりがいいのではと思っている今日このごろです。

 こぢんまりとした敷地(10kW〜20kW程度向けの敷地を想定)で、26円(仮)時代に突入しても、

 ◆いわゆる「過積載」に *えげつなく* チャレンジ
 ◆こんな設置・配置方法はどうなの
 ◆もちろんデータ取りはぬかりなく

など、いろいろとやらかすことができればと思っております。お隣さん・ご近所さんにならせていただいて情報交換(飲み会という意味だけではなく)や技術交流をさせていただければと思います。

 手持ちの資金あるいは、それほど大げさではない資金の調達方法を動員して、しなやかに、機動的に発電施設を増やせればなあという野望です。

---

 (2) わけわけプロジェクト

 20物件のうちいくつかが、「施工前」「複数区画がくっついている」ものでした。これはせっかくですから、「いろいろとわがまま(?)を」「みんなで」実現するチャンスかもと考えています。

 実はこれまで弊社と(弊社の隣で)発電事業をやりたいというお申し出を何件かいただいたことがありましたが、そういっていただいた方のご要望になかなかお応えすることができませんでした。

 よさげな物件を見つけましたらお申し出をいただいている方にはお声をおかけをしたいと思っております。ただし、支払い方法や引渡し・連系時期はどのようなものが出てくるかはわかりません。「ご一緒したいと考えてくださっている方」「柔軟に対応できる方」を優先とさせていただくことになるとは思いますが、ご承知おきをいただければと思います。

---

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの次回の「情報交換会」は3月中旬か下旬の予定です。昨年は全くなかった「出力抑制」が今年に入って2回連続かかってしまいました。今年3回目は抑制回避の方策を考えねばと日時等を検討中です。

■■お知らせ (3)
「太陽光発電ムラ」様の懇親会「しげる会」、次回の東京開催は東京ビッグサイトでの展示会 "PV EXPO" の最終日の2月27日(金曜日)の予定とのことです。当ブログ主は「ちんまり」としか太陽光発電事業ができないので、参加できるとしても「控えめ」です(?)。

■■お知らせ (4)
当ブログをご覧のみなさまや、情報交換会にご参加いただきました方からの当ブログ主へのお問い合わせは極力電子メールでお願いいたします。お電話をいただきましても、電話のつながらないところにいることが多々ございます。(弊社のお客様につきましては都度、ご連絡方法をお知らせさせていただいておりますとおりです。)

■■お知らせ (5)
当ブログ主は税理士ではありませんので、税務相談は承れません(税理士法に規定されています)。特に、個々の個別・具体的なお話はご質問をいただきましても一切お答えできませんことを予めご了承ください。複雑なのは税理士さんの仕事(税務署員の老後のお仕事)を守るためですから(笑)、「楽に」「タダで」などという虫のよい話はありません。「タダで」するなら自分で勉強を、「楽に」なら素直に税理士さんにお願いしてください。
なお、当ブログ主はファイナンシャルプランナー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務・生保顧客資産相談業務)なので、お金の計画の相談は範疇ですがあくまでも計画だけです。税金の込み入った話は税理士さんに、お金そのものの相談は金融機関さんにお願いいたします。

■■お知らせ (6)
「ねぎソーラー」(パネル 37.2kW・パワコン 29.7 kW)の発電量(TIGO EnergyによるDC側発電量(パネル発電量合計値))は、2/11 170 kWh でした。

---
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:55| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画