2014年10月28日

民間のようなものによる試算ですよー

どの発電方法が一番安い?民間試算で最安は…
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141025-OYT1T50135.html

「旧通産省所管だった公益財団法人」の試算が「民間」試算というのかどうかはよくわかりませんが、まあ、役所本体でなければ「官」ではなく「民」だという言い分もあるのかもしれません。ソースは読売新聞ということはやはりアレなわけで、もう、流れとしては予想通りなわけです。

【エネルギー問題を研究する民間研究機関「地球環境産業技術研究機構」(理事長=茅陽一・東大名誉教授)は原子力発電や再生可能エネルギーなどについて、それぞれどれくらいの発電コストがかかるかの試算をまとめた。】

 → いかにもにも第三者的といいますか、中立的な雰囲気がする試算ができましたよーという感じのする記事であります。世の中に「中立的」なんてものはなかなかないようにも思いますが、やはりここは「旧通産省(現:経産省)所管だった公益財団法人で、電力会社の役員サマも評議員をしている一般財団法人(官かと言われると民だよ)による試算」くらいの清々しさがほしかったです。

【原発は、事故が起きた場合の賠償などにかかる費用を上乗せしても8・4円にとどまった。】

 → それ、賠償費用はどのような計算なのかも気にはなりますが、放射性物質のウン万年分の保管費用はどう計算をされているのかが気になります。

【一方、再生可能エネルギーは、メガソーラー(大規模太陽光発電所)が30・6円、風力が21・2円と割高だった。】

 → 実勢価格で計算するともう少し安い気もいたします。また、燃料を掘り返して消費する火力や原子力と、そこらへんに有り余っている(?)太陽光や風力とを、金額だけで比較してしまうというのは、いささか残念な気がいたします。じゃあ、どう比較すればいいのかと言われるとそれもまた困るわけですが。

【メガソーラーは、2013年度は36円(税抜き)で買い取られており、このうち、業者が受け取る利益は約6円となる計算だ。機構は「一部の再生可能エネルギー業者に過大な利潤がもたらされ、利用者が負担を負う形になっている」と指摘している。】

 → 利益は6円ですが(実際にはもう少し大きいと思いますが)、儲けの半分は税金としてアレなわけですから、あまりいじめないでほしいなあという気がいたします。ただ、「過大な利潤でウマウマ」なのはいろいろな意味でやはりよろしくないわけで、「適正な利潤」になるようにお願いしたいものです。


■■お知らせ (1)
当ブログの「メルマガのようなもの」への多数のご登録ありがとうございます。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするもので、「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。近日中に「メルマガのようなもの」によるお知らせを開始させていただきます。

■■お知らせ (2)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (3)
11月15日(土曜日)の「太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会」の後に、当ブログの「情報交換会」番外編を開催いたします。番外編ですので、いつものような「時間は2時間でお願いされたけど、気がついたら4時間だった」といったことはないかと思いますが、ご都合がつきましたらぜひご参加ください。詳しくは太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会のお知らせ (1)をご覧ください。(お申し込みは同ページ記載のご参加フォームからお願いいたします。)

■■お知らせ (4)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:20| Comment(0) | ニュース・情報源