2014年10月19日

煽られて殺到するものではありませんが。

煽られて殺到するものではありませんが。

「こちら側」のうち、イケイケな方々の立場の記事、といえるでしょうか。

年利12%、太陽光発電投資に投資家が殺到
http://hbol.jp/9816

「太陽光発電は早いもの勝ち」の実態
http://hbol.jp/9817

どのような計算で「年利」12%になったのかはよくわかりませんが、「殺到」「早い者勝ち」なものに、出遅れて参戦するほど危ないものはありません。税金(売電収入にかかるもの・土地や設備にかかる固定資産税)や維持管理費用が必要なことはいうまでもありませんが、さまざまな手間やリスクも考慮する必要があります。

確かに、総じて言えば不動産投資よりは手堅いところはあるのかもしれませんが、売れ残りの粗悪なカスのようなものを掴まされたり、焦って高いものを掴まされたり、とんでもない不良業者に騙されたりしないようにお気をつけください。「残りわずかですよ」「もう新しい物件は出てきませんよ」など煽られても、冷静に判断し、時には「いらない」という判断をされることも必要です。

「お客様にだけ特別なご案内」「優先的に好条件なものを」などという宣伝文句は昔からのお約束のセールストークです。きっとだれにでも「特別なご案内」をしていますし、「そんなに好条件なら自分で買えよ」です。そのようなお客速のセールストークを表現を使いたがる業者がいれば、その商品内容云々以前に、そもそも「そういう宣伝文句を使っているというセンス」からして、微妙なものを感じざるを得ません。

なお、グリーン投資減税は確かに優遇税制ではあるのですが、即時償却しても「儲かっている会社が即時償却する=今年の損金が増えて今年の利益を減らすことができる」ということであって、次年度以降の償却額=損金を先食いしている(つまり次年度以降は損金に当然ならないのでその分利益は大きくなってそこに所得税・法人税がかかる)ということを正しく認識しておく必要があります。

「2,000万円の太陽光発電設備を導入すると、一括償却して2,000万の利益がなかったことにできるから税金が800万安くなってラッキー」というだけの単純なものではありません。本当に丸々「800万円お得」になって「実質1,200万円」というわけではありませんから、このような広告の文句には釣られないようご注意ください。


■■お知らせ (1)
次回の「情報交換会」は11月中旬以降を予定しています。

■■お知らせ (2)
「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。

■■お知らせ (4)
一部の記事については、大人の事情により、独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )でのみ公開し、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ ) では公開しておりません。独自ドメインのブログはURLにリンクも設定されているので便利です。ぜひ独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )をご覧ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:55| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画