2014年10月24日

TIGO Energy とは?(1)

このブログ記事はタイゴエナジージャパンさんや代理店さんの提供ではありませんが(?)、弊社の購入に至るまでに、また至ってからも中の人にいろいろと聞いたりしたことも含めて書いています

昨日のブログ記事太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会のお知らせ (1)をご覧になって「TIGO Energyって何?」と思われた方も多くはないとは思いますが、少くもないと思います。

詳しいことは、公式サイト ( http://www.tigoenergy.com/ja )をご覧いただくのが一番ですが、それではブログの記事にならないので(笑)、なんとか記事にします。

http://www.tigoenergy.com/ja/node/129 には、
【特許取得済みタイゴエナジーマキシマイザーシステムはモジュール毎の発電量を20%まで増加し、優れたモジュール監視機能やデータ分析により積極的にシステムを管理し、電弧(アーク)制御やシステムを切断することにより安全性を向上します。 タイゴエナジーの革命的進歩を遂げた基本技術の恩恵により追加経費を最小限に抑える一方、信頼性と変換効率の向上が得られるようになります。】
とあります。

また、http://www.tigoenergy.com/ja/products には、
【タイゴエナジー・モジュール・マキシマイザーシステムは、住宅/商業施設および発電所における太陽光発電用モジュール (ソーラーパネル) の発電量を最大化し、各モジュールのデータを監視管理するタイゴエナジー・マキシマイザー・マネージメント・ユニット(MMU)に送ります。また、より安全な設置作業、点検、 消火活動のために、高圧のDCバスをシャットダウンすることが可能です。タイゴエナジーのMMJ-ESはシステムの要であり、パネル毎に設置します。MMJ-ESはデータの収集、MMUとの通信、電力制御、安全対策を行います。】
とあります。

いろいろと機能はあるようですが海外製品にありがちな文章でややすっきりしないところもあります。が、勝手に要約して三行で書くと、

(1) 発電量の最適化・最大化ができます。
(2) パネル単位で発電量等の遠隔監視ができます。
(3) (火災時やメンテナンスのために必要に応じて直流側の)シャットダウンができます。

です。

(1)は、TIGO Energy のもっとも重要な、そして導入を検討される方にとっても重要な機能かと思います。1行で書くと「普通の接続方法だとパネルの特性がばらついていると低いパネルに全体が引っ張られるわけですが、そうはならないようにパネル単位で制御することで全体の発電量を最適化・最大化する。」(問題のパネルを切り離すだけではありません)です。特性のばらつきが大きいほど、効果は大きくなります。製造時からすでにある特性のばらつきに限らず、経年劣化も「ばらつき」ですし、影の影響も同様です。
「均質に生産されたパネルばかりで」「経年劣化も均質に進んで」「影の影響も全くない」場所では効果はあまり期待できませんが、一般的なパネルの場合には、年数を経ることに導入効果が大きくなってくることが予想されます。なお、逆に、Tigo Energy のシステム自身が多少の電気を食いますから、むしろ最初のうちは効果がマイナス、ということもあり得ます。

(2)は、(1)でパネル単位での制御することによる副次的な機能、ともいえましょう。各パネルの発電状況を監視することができます。各パネルの発電状況を監視できるということは当然全体の発電量もわかるわけです。さらに、パワコンがModbus対応であればそこから出てくる情報も監視することができます。また、Modbus対応の交流電力量計(メーター)、日射量計、温度計等も接続、監視することができます。

(3)は、遠隔でも現地でボタンを押してでも可能で、安全対策として有効です。九州電力管内の昨今の例の件では、九州電力の発表資料の中の「(参考資料8)個別協議の要件」の中で、「回答保留期間中においても、昼間に電力を系統へ流さないよう、下記の要件を全て満たすご提案をいただける事業者さまにつきましては、個別に協議をさせていただきます。」とあり、その要件の1つに「遠隔操作による発電設備の停止・出力抑制」があります。( http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0043/9750/we24tq6gr.pdf ) 過去の記事でも書かせていただきましたが、弊社では博多ラーメン1杯で加速できる九州ビジネスをしてはいないので、TIGO Energyがこれに該当するかを確認をしたわけではないのですが、もしかすると、この「遠隔操作による発電設備の停止」にも使える可能性はあるのかもしれません。

続きます。


■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
11月15日(土曜日)の「太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会」の後に、当ブログの「情報交換会」番外編を開催いたします。番外編ですので、いつものような「時間は2時間でお願いされたけど、気がついたら4時間だった」といったことはないかと思いますが、ご都合がつきましたらぜひご参加ください。詳しくは太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会のお知らせ (1)をご覧ください。(お申し込みは同ページ記載のご参加フォームからお願いいたします。)

■■お知らせ (4)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:30| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画

2014年10月23日

太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会のお知らせ (1)

 あの「太陽光発電ムラ」様と、弊社のような零細企業が恐れながら共催で「太陽光発電ムラ遠隔監視システム取付け体験&見学会」を開催をさせていただくことになりました。

 11月15日(土曜日)に以下の要領で行います。ご参加ご希望の方はご参加フォームからお申込みください。

【体験&見学会】
主催: 太陽光発電ムラ・合同会社ロクテック(共催)
日時: 2014年11月15日(土曜日) 午後2時から
内容: TIGO Energyの取り付けの体験等
場所: ロクテックあびこ発電所(弊社内通称「ねぎソーラー」) ※所在地はこの記事の最後をご覧ください。
費用: 無料
その他:
 1. 【重要】作業中の事故については各自の責任とさせていただきますことを予めご承知おきください。
 2. 小雨決行・荒天中止または順延とさせていただきます。
 3. 時間の都合上、一部の機器については会の開始前に取り付けさせていただき、会の中では作業概要を説明をさせていただくこととさせていただきます。

【懇親会】(当ブログの「情報交換会」番外編という名目も兼ねて実施予定)
同日18時から上野での予定です。
会費: 5,000円の予定です。
領収書: 弊社名でご用意いたします。

 もう少しディープに体を動かしたいという方、ねぎソーラーをじっくり舐めまわしてみたい、少人数でまたーりとという方は、午前中からお越しいただくことも可能です。(ただし単純作業や手待ちもかなり発生しますことを予めご了承ください。午前中の部については上記の「ご参加フォーム」へのご参加表明とは別に、当ブログ主に直接お知らせいただけますと幸いです。(お知らせなく直接お越しいただいてもかまいません。)

※ねぎソーラーの所在地・行き方

「ロクテックあびこ発電所」予定地への公共交通機関(2014/04/08現在)もご参考になさってください。
●所在地: 千葉県我孫子市布佐 http://urx.nu/ddjz
●交通:
(1) JR成田線新木駅から徒歩約15分(徒歩の場合、北口に出て国道356号線が最短です) ※JR常磐線我孫子駅から13分・30分に1本程度
(2) JR常磐線天王台駅から阪東自動車「布佐駅南口」ゆきバスで、「メディカルプラザ平和台病院前」バス停から徒歩5分 ※JR常磐線天王台駅から17分・1時間に1本程度
●14:00ごろにお越しいただくのに便利な電車・バス
(1) 我孫子駅13:16発(上野駅12:42発から直通)
(2) 天王台駅13:35発

■■お知らせ (1)
当ブログの公開は独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )と、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ )の両方で当面の間行っておりますが、独自ドメインのブログはURLにリンクが自動的に設定されること、大人の事情により独自ドメインのブログでのみ公開する記事があります。ぜひ独自ドメインのブログをご覧ください。

■■お知らせ (2)
当ブログの「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 00:05| Comment(0) | 太陽光発電ムラ

2014年10月22日

いわゆる格安SIMを追加してみる

弊社ではこれまで、いわゆる格安SIM、きちんと書くと仮想移動体通信事業者(MVNO: Mobile Virtual Network Operator)による通信サービスにより提供されるSIMをスマートフォンやらデータ通信端末に突っ込んでいるわけですが、今般、枚数が足りなくなったので追加することにしました。

【これまで】

Mini SIM (SMS機能なし) × 3枚
・スマホその1
・予備/スマホその2
・データ通信端末その1(パソコン用USB)

【追加契約後】

Mini SIM (SMS機能なし) × 3枚
・データ通信端末その1(パソコン用USB)
・データ通信端末その2(モバイルWiFiルーター) ※ねぎソーラー Tigo Energy用になる予定
・予備

Mirco SIM (SMS機能あり) × 1枚と Nano SIM (SMS機能あり) ×2 枚
・スマホその3 (Micro SIM対応機種)
・スマホその1 (Mini SIM対応機種)
・予備/スマホその2 (Mini SIM対応機種)
※Nano SIMにはアダプタを付けて Mini SIMとして使用

使用しているのは、BB ExciteモバイルLTEの「3枚で1,100円/月(消費税別・SMS対応は要追加料金)」のものです。低速でも間に合っている、「LTEナニソレおいしいの?」「ガラケー上等」な弊社ですので、1枚あたり最安値でしばらくがんばるつもりでおります。

どのくらいの通信速度か試してみたい、という方がいらっしゃいましたら、何かしらのイベント時に事前にお知らせください。


■■お知らせ (1)
次回の「情報交換会」は11月中旬以降を予定しています。

■■お知らせ (2)
「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。

■■お知らせ (4)
一部の記事については、大人の事情により、独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )でのみ公開し、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ ) では公開しておりません。独自ドメインのブログはURLにリンクも設定されているので便利です。ぜひ独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )をご覧ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 00:05| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画

2014年10月21日

破綻・バブル・有象無象の業者・ゴキブリ退治・戦犯扱い・・・?

“太陽光バブル”で政策転換 死屍累々の国内メーカー
http://diamond.jp/articles/-/60765

シロアリや業務停止命令はありませんが、厳しい表現のオンパレードの記事であります。

【日本の再生可能エネルギー政策が“破綻”を迎えそうだ。】

【“太陽光バブル”に乗じて利益を得てきたメーカーも、日本市場の突如の停滞で、事業存続の危機に立たされている。】

【「途方もない“置き土産”だけが残されてしまった」。ある電力会社の幹部は、こう吐き捨てる。】

【有象無象の業者たちが実際に発電するかどうか分からない案件も含め、膨大な認定申請をしたことの影響がもろに出たのだ。】

【実際、経産省も実態調査に乗り出し、8月末までに182万キロワット分の認定を取り消すなど“ゴキブリ退治”に追われている。】

【こうした経緯から、経産省では「FITは失敗だった」との烙印が押され始めている。】

【民主党政権で再エネ施策を一手に引き受けてきた幹部を一転“戦犯扱い”し、普及策の見直しに着手し始めた。】

「破綻」「バブル」「事業存続」「途方も無い」「有象無象」「膨大」「ゴキブリ退治」「烙印」「戦犯扱い」と、これ1つで経済小説が書けてしまいそうなくらいの勢いであります。

【国が本来、取り組むべきことは分かりやすい太陽光発電の爆発的導入ではなく、再エネを持続成長させるため、本命とされる「風力」の環境整備や、そのための地域間送電網の拡充、将来的な電源構成の比率提示など山ほどある。
まずは、明確な再エネの将来像の提示をすべきだろう。】

風力が「本命」かどうかはいろいろと検討が必要かとは思いますが、大筋では正論かと思います。固定価格買取制度(FIT)ができた経緯、買取価格決定の基礎データや経緯やらそのときのロビー活動を想像するに、まともな経緯、健全な制度とは言いがたい部分もあったのも事実でしょう。そのあたりも徹底的にきれいさっぱりして、再生可能エネルギーの持続成長のためにどうするか、しっかりとやっていただきたいものです。

その際には、原子力発電のコスト(リスクも含む)も、きちんと公平性・透明性を確保して、算定に入れていただきたいものです。「再エネサーチャージ月935円」といっしょにぜひ、こっそりと他や将来に付け回されているらしい原子力の有形無形のコストも洗い出して「原子力サーチャージ」も明記してしていただきたいものです。「お上」や「あちら側」に公平性・透明性というのが、エネルギー問題の解決よりも難しい気もしないでもないですが、そういう気はしないことに一応しておきます。一応です。

さて、「有象無象」「太陽光」で検索すると懐かしい記事も見つかりました。

有象無象、「発電成金」を目指せ! 再生可能エネルギーバブルの経済効果
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120629/233943/

2年ちょっと前の記事です。時にはチラリとだけ過去を振り返ることも大切です。今読み返すと、味わい深いものがあります。ソンさんの「満面の笑み」、そりゃあそうですよね。ニヤニヤ

まさにこのニヤニヤ、レント‐シーキング( https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-662266 )
【企業が政府官庁に働きかけて法制度や政策を変更させ、利益を得ようとする活動。自らに都合がよくなるよう、規制を設定、または解除させることで、超過利潤(レント)を得ようという活動のこと。】
のような気がいたします。利潤は当然なのですが、利潤が適正なレベルを超過しているのではないかと。健全な再生可能エネルギーの発展を期待したいものであります。


■■お知らせ (1)
次回の「情報交換会」は11月中旬以降を予定しています。

■■お知らせ (2)
「懇親会」「情報交換会」に過去にご参加をいただいた方へのメールでの開催のお知らせは10月の「情報交換会」のお知らせで最後とさせていただきました。今後、メールでのご案内をご希望の方は、当ブログの「メルマガのようなもの」へのご登録をお願いいたします。「メルマガのようなもの」は最大でも週に2回程度を目安に「お知らせ」を目的とするものです。「号外」と称した広告を送りつけるようなマネはいたしませんのでご安心ください。(今後とも「情報交換会」開催の予定のお知らせは、当ブログではさせていただきます。)

■■お知らせ (3)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。

■■お知らせ (4)
一部の記事については、大人の事情により、独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )でのみ公開し、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ ) では公開しておりません。独自ドメインのブログはURLにリンクも設定されているので便利です。ぜひ独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )をご覧ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 23:55| Comment(0) | 50kW未満太陽光発電所計画

2014年10月20日

当ブログの「メルマガのようなもの」のお知らせ

各記事の「お知らせ」でこっそりと(?)お知らせをしておりますが、今般、当ブログの「メルマガのようなもの」を開始することにいたしました。

なぜ「メルマガ」ではなく、「メルマガのようなもの」なのかというと、「メルマガ」のつもりではなく、「イベント情報をブログでだけでお知らせしても、きっと当ブログはこまめに見てくださっていない方が大半で、なんとか水産を9人で予約するほど人が集まらなかったら淋しいので、お知らせをメールでも送りつけさせていただくもの」がそもそもの動機です。これまではメールでお送りしていただのですが、「もう送ってくるなよ」と思われていると淋しいので、こちらから送りつける「メール」ではなく、みなさまのご登録のご意思のもとに送らせていただく「メルマガ」のようなものとさせていただく次第です。

表にできない裏情報とか、暴露話とか、お得情報とか、そういったものを目的としたものは想定しておりません(期待していた方、申し訳ございません)が、もしかしからうっかり何かを書いてしまうこともあるかもしれません。

ご登録は、弊社ホームページ内のご登録フォームから可能です。

●ご登録は無料です。有料化する予定も、有料化できるほどのネタもありません。
●プレーンテキストのメールでお送りする予定です。(HTMLメールではありません。)
●発行頻度は最大(イベントの前など)でも週に2回程度です。何もネタがなければ発行しません。
●「号外」などと称して、広告メールを送りつけることはありません。
●ブログでお知らせするとちょっとなあ・・・ということをメルマガで先に、あるいはメルマガでのみお知らせすることはあるかもしれません。


■■お知らせ (1)
次回の「情報交換会」は11月中旬以降を予定しています。

■■お知らせ (2)
最近、さまざまなご相談・ご質問をいただきますが、「ここの分譲業者は信用できるのか」「このメーカー・分譲業者は20年間大丈夫なのか」といったものには答えできません(返信もいたしません)のでご了承ください。「民間企業ですし、つぶれるときはつぶれますから、そのときは自分で維持管理の段取りをする覚悟で買ってください」などと私が技術顧問をさせていただいております分譲業者に関しても無慈悲に言い放っております。まして、他所様の分譲業者さんやメーカーさんについて具体的なお話をさせていただける立場ではございません。発電「事業者」としてみなさまの自己責任で資機材メーカー、施工業者、分譲物件売主をご検討・ご選択ください。

■■お知らせ (3)
一部の記事については、大人の事情により、独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )でのみ公開し、アメブロ (http://ameblo.jp/fppv/ ) では公開しておりません。独自ドメインのブログはURLにリンクも設定されているので便利です。ぜひ独自ドメインのブログ ( http://blog.rokutech.jp/ )をご覧ください。
posted by fppv (りょん)@rokutech at 07:50| Comment(0) | お知らせ